【笑顔の田渡凌】B.LEAGUE ALL-STAR 2020 in HOKKAIDO

【笑顔の田渡凌】B.LEAGUE ALL-STAR 2020 in HOKKAIDO

Bリーグオールスターゲーム2020が1/18に無事終了した。

ビーコルから唯一の選出である田渡凌にフォーカスを当てて振り返ろう。

 

【お祭り前夜】B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2020 in HOKKAIDO

試合前のマスコットとの戯れ

微笑ましいマスコットとビーコルキャプテン田渡凌の交流劇を見守ろう。

与えられた役割を全うしたコルス

 

 

コルス、キレッキレのダンスで田渡凌にエールを送っていた。

 

オールスターゲーム開幕

折茂武彦のためのオールスター

今回のオールスターは、レジェンド・折茂武彦のためのオールスターといっても過言ではないものだった。

田渡凌 vs 細谷将司

さらにビーコルファンとしては見どころの一つであった、田渡凌と細谷将司のマッチアップも実現している。

 

 

 

魅せる!田渡凌

『テラスハウスのひと』ではない、プロバスケプレイヤーとしてプレイで会場を沸かせた田渡凌。

 

B.BLACKの勝利で試合終了

田渡凌と折茂武彦がいるB.BLACKが勝利で幕を閉じたオールスターゲーム。

MVPはレジェンド・折茂が受賞している。

田渡凌のオールスター

お祭りと言えど、『勝てたことが嬉しい』と田渡凌。

ビーコルの試合でも笑顔が見れることを期待している。

おわりに

バスケットボールロボット「CUE4」が参戦した『3POINT CONTEST』

スムーズな試投を披露したが、こうしてみるといかに手首のスナップが大切なのかがわかる。

残念ながら、パーフェクトとはならなかったが中々面白いコンテンツであった。

 

田渡凌もコンテストを満喫。

 

オールスターの集客結果

出典:ja.wikipedia.org/

 

5,073 / 8,000という結果となった。Bリーグのバスケ普及活動の旅はまだ始まったばかり。

次回のオールスターは沖縄の予定だ。

 

 

今のところ、ここまで!

 
 

この続きはcodocで購読