【横浜から世界へ】アキ・チェンバースの代表デビューは持ち越し

【横浜から世界へ】アキ・チェンバースの代表デビューは持ち越し

みなさん、こんにちは。

ここ最近の横浜ビー・コルセアーズの情報をお届けします。

チャイニーズ・タイペイのメンバー発表

フライング発表通りのメンツになったようだ。(アキ・チェンバース最終メンバー漏れ?

アキ・チェンバースは選外となってしまった。

ただただ、残念である。

ビーコルの試合にしか関心がないため、今回のメンバーについてあれこれ話せるレベルにないのはつらいところ。

今回、アキ・チェンバースはチャイニーズ・タイペイ戦に選ばれなかったというだけで、今後の予選ではまだチャンスはあるのだろうか。

代表戦の見どころはディフェンス?

使用されている写真にアキ・チェンバースがしっかり写っていることが嬉しい。

そして、最大の課題はディフェンスの強度を上げることのようだ。

アキのストロングポイントではないですか!

日本代表にとっては久々の公式戦となるチャイニーズ・タイペイ戦。

ラマスHCはディフェンスについて、「1ポゼッションあたりの失点数を0.9以下に抑える」ことを目標に掲げた。

一方オフェンスでは、「速攻からの得点」と「練習してきたセットプレーでいい結果を出したい」と意気込む。

セットプレーに関しては練習期間の短さもあってか「すべてを完璧にこなせるとは思っていません。試合の中で修正していければ一番いい」と話した。

 

メディアの注目はライアン・ロシター

2019年12月に日本国籍を取得した、帰化したてホヤホヤのロシター。

日本のために戦ってくれるなんて喜ばしい限りだ。

おわりに

試合は、本日2/24(月)の20:00から!

LIVE配信を行うのは、DAZNのみのようだ。

湊谷アレクシスの行動力に関心

代表戦とはうってかわって、ビーコルの話題を。

2月上旬にキャプテンアレクが構想していたファンミーティング(【引退から5ヶ月】湊谷アレクシスのセカンドキャリア

それが遂に実現するようだ。流石の実行力。

 

 

あー、台湾のことを考えたら、パイナップルケーキが食べたくなってしまった。

 

今のところ、ここまで!

 

この続きはcodocで購読