【テラハ田渡凌】汚すぎる風呂場にイライラ?

【テラハ田渡凌】汚すぎる風呂場にイライラ?

皆さま、本日の横浜ビー・コルセアーズの情報をお送りいたします。

テラスハウスデビューのキャプテン田渡

一緒にシーンを振り返っていきましょう。

知名度がないビーコル…。

神奈川県磯子市の『たきがしら会館』でトレーニング中のビーコルメンバー。

出典:terrace-house.jp/tokyo2019-2020/

 

副音声で見ていたのだけれど、スタジオメンバーは誰も『ビーコルだ!』と言うことなく、進行していく。

唯一山ちゃんがチーム名を読もうと試みるも、『横浜…ビー?…』と文字が判別できずに終わっていた。哀しい。

まぁ仕方がない。そういうものだ。

田渡凌『バスケットの選手です。』

出典:terrace-house.jp/tokyo2019-2020/

 

なんやかんや馴染んでいる風に映ったキャプテン田渡。

ペッペとビーコルに意外な接点。

 

出典:terrace-house.jp/tokyo2019-2020/

ビーコルに反応を示したペッペ。

田渡「横浜ビー・コルセアーズっていう…」

ペッペ「みたよ!何回も!観に行ったよ!」

田渡「本当に!?」

ペッペ「友達が超ファン。友達のお兄さんがやってるビー・コルセアーズで。」

田渡「湊谷アレクシス(湊谷安玲久司朱)だ。」

ペッペ「そう!(アレクシスと)友達!?」

田渡「チームメイト、いや先輩」

ペッペ「すげー(拍手)最高!」

 

意外な接点があった。そしてアレクの名前も久々だ。

田渡がすぐにアレクの名前を出したのがびっくり。ペッペはイタリアでアレクはベルギー。

よく即座にアレクシスと紐付いた。その頭の回転にびっくり。

ペッペとは、良い友情を築いて欲しいものだ。

今日のハイライト – 風呂が汚い –

自己紹介を終え、風呂に入ることに、『シャンプー好きなの使っていいよー。』など和やかな雰囲気の中、風呂へ向かう田渡。

そして画面に映る、汚い風呂場。

 

出典:terrace-house.jp/tokyo2019-2020/

海パンなどの存在をみるに、田渡と入れ替えに出ていたメンバーとペッペじゃないほうの男メンバーが汚しただろ。

でもそれを指摘しない他のメンバーもどうなっているんだ。本当に汚い。

人に見える服や髪の毛だけ小奇麗にしていると思うと内面がドス黒いんだろうなと思う。恐ろしい。

すかさず、掃除を提案するキャプテン。

風呂上がり、『スッキリした、めっちゃ綺麗だった。』とよくわからない発言のキャプテン田渡。

おそらく、動揺したんでしょう。席につき、さっそく掃除を提案。

当然である。

 

出典:terrace-house.jp/tokyo2019-2020/

しかし、(掃除ー?ダルいわー。)という雰囲気が食卓を包む。

初日にこういうことを言うことになる田渡の身にもなっていただきたい。そうとう気まずいと思う。

田渡のこの勇気を讃えたい。『よく言った!!偉いぞ!その反応が自然だ!』と。

次回のテラハにも注目!

なにやら掃除ができないメンバーが集まるのがテラスハウスのようだ。

かわいそうなキャプテン田渡。同情に値する。

ビーコル公式もちゃっかりテラハをフォロー?

公式Instagram(yokohama.b_corsairs)もテラスハウスに便乗。

出典:instagram.com/yokohama.b_corsairs/

どんどん宣伝してほしいものだ。Bリーグのために。ビーコルのために!

田渡凌のInstagramをみて反響をチェック。

本日11/19現在、キャプテン田渡のインスタをチェックしている人数は3.8万人。

(ビー・コルセアーズ公式アカウントは1.4万人

さっそくチームの数を上回っていた。これからビーコルの試合も番組内で出てくることだろう。

出典:instagram.com/tawatariryo/

 

ビーコルの注目が増すことを期待しよう。

湊谷アレクシス引退していた。

アレクが懐かしくなったので今どこでプレーしているか検索をかけたところ、ビーコルを退団後に現役を引退していたことがわかった。

湊谷安玲久司朱のInstagram

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

やってますよー🐟☺️ #西京漬け湊屋

ALEXIS.MINATOYA(@alexis.minatoya)がシェアした投稿 –

おわりに

このブログはビー・コルセアーズのチームニュースをお送りしたいのだが、試合がないと情報も降りてこない。

そのためテラハの田渡ハイライトをお送りする羽目になるかもしれない。

公式が平日でももっとファン向けに活動してくれたら良いのに。

 

今日は、ここまで!

 

この続きはcodocで購読