【令和初ダービー】横浜ビー・コルセアーズ vs 川崎ブレイブサンダース 試合結果

【令和初ダービー】横浜ビー・コルセアーズ vs 川崎ブレイブサンダース 試合結果

令和初ダービーとなった、9節 横浜ビー・コルセアーズ vs 川崎ブレイブサンダース Game2の模様を振り返る。

今日も負けた。まぁわかってはいたけども。川崎は強いもの。

令和になって最初のダービーとのことで『Stop the THUNDER』をスローガンに挑んだものの、感電して終わってしまった。

これで横浜ダービー18連敗!

試合結果

結果を振り返る。

 

出典:bleague.jp/game_detail/

 

普段通り、良い調子を継続できないビーコル。

スタッツを振り返る。

出典:basketball.mb.softbank.jp/

 

川崎のほうが上手だった。

なによりも運動量が段違いに違っていた。川崎は序盤から動き回り、ビーコルのディフェンスを撹乱していた。

ショットの精度も低く、運動量も低いチームが勝てるわけがない。

残念ながら、川崎の相手にすらならなかったようだ。

 

試合後のコメント

ビーコル戦士のコメントをどうぞ。

トーマス・ウィスマン「これでは勝てない。」

我らのボス、ヘッドコーチ(HC)のウィスマンの試合後のコメントから。

  • 川崎は、我々のディフェンスを上回っていた。
  • 我々が奪った得点は60。勝つにはもっと得点が必要。
  • 怪我人の復帰も必要になってくる。
  • あと4回は川崎と戦える。次回までにどれだけ成長出来るか、試したい。

 

ヘッドコーチ任命から2年目。

まだまだチーム作りの真っ只中といったところか。

田渡凌「流れを作らせてしまった。」

キャプテン田渡さん。

「出だしから、篠山さん(篠山竜青)や相手のガード陣に、僕らのガード陣が中まで割られて、そこからいい展開に持っていかれてしまいました。相手はいいパスを受けて、僕らは3Pシュートでやられてしまいました。インサイドの選手も頑張って守っていましたし、ガードのところでアタックされて、そこから流れとボールムーブメントを作らせてしまったと思います」

「僕たちのオフェンスは、いい時間帯もありましたけど、継続出来ませんでした。川崎さんは、彼らがやりたいことを40分間続けて、僕たちは出来ない時間帯が長かった。これが敗因だと思います」

 

傾いた流れを自分たちにもっていくことができていないのは、選手も理解している様子。

変えなければならないことが多くて、なにから手をつければ良いのか。

ジョルジー・ゴロマン「トレーニングに励まなければならない」

「相手には、おめでとうと言うしかないです。川崎は凄くいいチームです。今日の試合で、自分たちの課題が見つかりました」

「(その課題とは?)やはり、ディフェンスです。オフェンスに関しては、相手がかけてきたプレッシャーに対応出来ませんでした。あとはスペーシング、スペースをもっと使えるようにしないといけません」

「(どう克服する?)練習です。みんなで、しっかりと練習をして、次の試合では、ゲームの中でいい判断が出来るようにしたいです」

 

結局、練習あるのみか。まずはディフェンスを強化してもらいたい。

Man of the Match

この試合のMoMは、No.14ジョルジー・ゴロマンに捧げたいと思う。

 

出典:bleague.jp/game_detail/

 

3ポイントも決め、チーム唯一のダンクも記録。頑張っていた。

これからもビーコルを支えてほしい逸材だ!

おまけ

引退セレモニーでほっこり

先日、クラブ創設から携わってきたビーコルのプレイヤー2名の引退セレモニーが催された。

 

それに対し、元ビーコルプレイヤーがリアクションを示した。

 

昨日は、僕のBig Btotherの引退セレモニーだったようで。おめでとう。

行けなくてごめんよ。でも僕らは永遠に兄弟さ!

 

ジェフリー・パーマー(Jeffrey Parmer)は、16-18までビーコルに在籍。

現在34歳の彼は、 B3.LEAGUEのトライフープ岡山でプレイを続けているようだ。

 

なにがほっこりってスマホの無料アプリでせっせと画像編集したことがわかること!

過去の写真を引っ張り出して編集を行っていたと想像すると、とても愛おしい光景だ。

おわりに。

試合は負けましたが、順位に変動はなく、地区2位を維持している。

出典:google.com/

 

次のGameは、アウェイで新潟アルビレックスBBと対戦!

 

 

今日は、ここまで!

 

この続きはcodocで購読