【キャプテンからのお願い】退団が契機となってビーコル一丸となるか。

【キャプテンからのお願い】退団が契機となってビーコル一丸となるか。

みなさん、こんにちは。

さっそく、横浜ビー・コルセアーズの情報をお届けします。

横浜はチーム一丸になれるか。

昨日の選手との契約解除を巡って揺れに揺れているビーコル。

船酔いの方も多そうだが、プレイヤーからSNSを通してファン向けにメッセージがあった。

キャプテン田渡凌からのお言葉

 

ブースターへの謝罪と、チームへの呼びかけを行なった。

ボードメンバー、もといフロントよ。選手に謝罪させないでくれよ。

こういったことを選手にさせてしまったことは恥じて欲しいのだが、気にしないか。

むしろ、チームの顔に成長してきた田渡凌にニンマリかな。

 

田渡からウォッシュバーンへ「寂しくなるね」

 

チームのためにベストを尽くし、努力してくれてありがとう。感謝してもしきれないよ。

横浜は君のことが恋しくなるね…。

 

このしんみりするキャプテン田渡からのコメント。

ウォッシュバーンの返しがその空気を和ませる。

 

(田渡のお別れメッセージを読んで。)

JW  『ところでもっと良い写真なかったの?🤣🤣』

田渡 『俺のほうが兄貴に見えるようにしてみた。😎😎』

JW 『🤣🤣いいね!』

 

プロの世界、互いに慣れているのだろう。それにしてもキャプテンって話がうまい。

田渡凌からゴロマン「食事の相手がいなくなって寂しい」

出典:instagram.com/tawatariryo/

良いケミストリー構築のため、僕らを助けてくれてありがとう。

驚異的な働きだったよ。

これから練習後に誰を食事に誘って、共に笑いあったらいいんだ…。

横浜は君が恋しい。

 

ジョルジー・ゴロマンは開設してあるのがInstagramのみであるため、ゴロマンに届くように、Instagram経由でコメントを載せた。

食事に行く仲だったのか。寂しいね。どこか良い所属先が見つかって、そこでたくさん愛されて欲しい。

 

橋本尚明からも皆さまへお言葉

もう謝んないでくれい。だれも今回の契約解除の件で選手を責めてはいない。

バスケに集中して良いパフォーマンスを披露してくださいな。

 

元キャプテンの湊谷アレクシスも黙っちゃいない

 

陰ながら応援してくれているアレク。引退後もビーコルを気にかけてくれている!

 

おわりに

SNSが発達して、選手間のやりとりもファンは見えるようになっている。

こういった相手の成功を祈るコメントは、他のプロスポーツでも珍しくない。

ファンやサポーターへ団結を促すのも珍しくないし、自身のパフォーマンスを詫びることはあっても、チーム運営のことを選手が謝るのは私は見たことがない。

変な感じだ。田渡凌ひとりにいろいろと背負い込ませ過ぎではないだろうか。

 

とにかく、見守ることしかできないけれど、頑張って欲しい。

あと勝つ試合をたくさん観たい、勝利の美酒に酔いたい。

今日はカレーを食べます。

 

とりあえず、以上!

 

この続きはcodocで購読